「百花帖」「百葉帖」特設サイト

Print
Print
previous arrow
next arrow

news

2021/10/05

&Premium Webに掲載されました。

2021/10/06→11

「百花帖」「百葉帖」発売記念。花とうつわ展開催。

 

百花帖・百葉帖 番外編 おじぎ草「きっと生けられない」

 

今回の本を制作してわかったことがある。

たいていの植物は生けられる、ということだ。
どんなに水揚げがむずかしくたってどうにかなるし、ふにゃふにゃしてコシがなくても、枯れていても、生け方しだいで花になる。
まあ、世界中すべての植物、とまでははいかないけど、なんてすこし得意になっていたら、どうしても生けられない花と出会ってしまった。

おじぎ草だ。
やわらかさも形も羽のような葉は、さわると、閉じるのが最大の特徴だ。雨が降っても、触れたときと同じく、閉じる。おまけに、花は、ふわふわの小さな毛糸玉のよう。
双葉の苗を植えたのは、4月。梅雨明け頃には、すくすくと育って、いよいよ生けるときがやってきた。
鋏を入れようとした瞬間。シュッと葉が閉じた。す、すばやい。植物とは思えない動きに、断固とした拒絶を感じる。ちょっとさわっただけなのに。
葉はぴったりと閉じ合わさり、かたい茎と一体化して見える。まるで別モノだ。

生けてしばらくそうっとしておいたら、開いてくれるかも。1日2日と様子を見るも、いっこうに開く気配なし。おそらく、日光が足りないのだろうけれど。
切ったから、言うことなんか、聞いてあげない。
そう言ったかどうか、一生生けられない花を見つけたのだった。

おじぎ草
マメ科一年草(多年草だが、扱いは一年草)
別名・眠り草(ねむりぐさ)
南米原産。日本には天保12年頃渡来。観賞用として栽培される。苗で入手可能。
夏に桃色の花が咲く。和名は、刺激や明暗による葉の開閉運動から。茎に棘があるので注意。

_MG_9956イラストVer.20

「百花帖」

雨宮ゆか/著 雨宮秀也/写真

四季を彩る、百の花を生ける。
花の個性や背景など、さまざまな角度から取り上げます。

エクスナレッジ
10月5日発売 1,980円(税込)
全カラー 256頁 四六判
ISBN978-4-7678-2936-4

_MG_4028 WebTEST
_MG_9956イラストVer.20

「百葉帖」

雨宮ゆか/著 雨宮秀也/写真

あらためて知りたい 見つめたい 100の葉たち。

葉も生けられる。楽しめる。
身近な百の葉を、季節を追って紹介。百花帖との姉妹本です。

エクスナレッジ
10月5日発売 1,980円(税込)
全カラー 256頁 四六判
ISBN978-4-7678-2936-4