Venezia

前のテーマにもどります。 ちゃんと構図を切った写真になぜ疑問がでるのかというと。 良いと思って撮ったが、それが好きか。 旅先の事柄に完璧な理解などありはしない。 私が感じた。 それが写真。 Ghetto地区の海岸。

海へ

今日は雨。一時は横殴りの豪雨。気持ちいいくらいの降りかた。コンタクトレンズに直撃して、レンズ浮いて、浮いて。この写真どう見てもモノクロ写真ですね。

Venezia

仕事で行ったものですから、たくさんの写真を撮りました。「ああ、こんなにも撮ったか」という数です。戻ってからラッシュを見るに。僕はまだまだだな。と思いました。

博多

ホテルの朝。ロビーにてお迎えの車を待つ。朝食がおいしいとやる気が出る。今日も頑張って撮るぞ!